Fandom


Kazunori Yamauchi

山内一典の写真。

山内一典 (やまうち かずのり、1967年8月5日生まれ) とは、ポリフォニー・デジタルの代表を務める日本のゲームデザイナー。『グランツーリスモ』シリーズのクリエイター兼プロデューサー。『モータートゥーン・グランプリ』という完全にオリジナルのカラフルで「漫画的な」ゲームを初めて開発した後にポリフォニー・デジタルの社長になった。それ以来、山内は大成功を収めた『グランツーリスモ』シリーズという素晴らしいカーゲームを制作するという夢を実現した。シリーズでフォルクスワーゲン (VW) モデルを宣伝したおかげで、フォルクスワーゲン社は彼に Golf R32 を贈呈した。

彼は『グランツーリスモ5プロローグ』に登場した日産の新しい GT-R スポーツカーのテクノロジーのデザインに協力した。その貢献により彼は 日産・GT-R (R35)を贈呈された。

グランツーリスモ5プロローグ』のビデオで、山内は自分の大好きなカーデザインとしてフォード・GTを挙げた。彼は実生活で2台所有している。

一典はプロのレースカードライバーでもある。彼は2009年8月に Gazoo Racing チームに参加した。彼とその他のチームはニュルブルクリンクのレースにレクサス・IS FのSP8クラスで出場した。山内はチーム最高10"9と最高のラップタイムを記録し、Gazooチームはチャンピオンとして終わった。

山内一典は、2009年12月5-6日に開催されたサンダーヒル25時間レースでスプーン社のホンダ・シビックタイプRのFD2型を運転した4人のドライバーのひとりでもある。サンダーヒル25時間レースはアメリカのロードコースでの彼の初記ドライビングであった。その車はクラスで7位、総合23位を記録した。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。